改造工事

電気設備に使用される部品には寿命期間があり、超過すると
不具合の原因につながります。ミナミは、部品交換をはじめとした
改造工事を行うことで電気設備の性能を維持するとともに、万が一の
安全を守ります。また、部品交換の長期計画をご提案するなど、
総合的なサポートを行っています。

出來 徹朗

作業内容

電気設備部品交換改造工事

受変電装置や発電機などの電源装置が確実で安定した電源供給を確保するためには、期待寿命に応じた搭載部品の交換が必要です。数年で新機種が開発され、また部品供給が終了している場合があるため、後継機種や他メーカー製品で対応可能か、取付寸法や機能性などお客様にご提案し、正常に稼働するよう施工します。

保護継電器更新工事

電気設備を常時監視する保護継電器は、事故を未然に防ぐほか、異常発生時は異常回路の遮断により健全回路を保護するなど障害を最小限に抑えます。非常に重要な装置のため寿命時期前の更新工事が必要。工事の際は、回路遮断に関わる保護協調や新たな整定案に十分な検討を行います。

遮断器部品交換工事

電気を遮断する機構部(可動部分)を持つ遮断器。定期的な部品交換の際には、分解・洗浄・再注油の後、正確に組み立て直す高度な作業を行います。経年劣化による機構部の固着や摩耗を防ぎ、重大な事故を防ぎます。